手入れをすることが大事|人気のカラコンの保存方法

似合うフレームを見つける

眼鏡

自分の顔型を把握しよう

人の顔型を分けると、理想的な顔型と言われる卵型・幼い印象を与える丸顔・しっかりとした印象のベース顔・大人顔の代表の面長顔・顎がシュッとしている逆三角顔・男性的な顔型の四角顔・頬が目立つひし形顔などさまざまな顔型に分けることができます。メガネでおしゃれを楽しみたいときは、顔型に合うメガネを選ぶことが大切です。顔型に合わないフレームを選んでしまうと、野暮ったくなったりより顔型の持つ悪い印象を強めてしまったりします。メガネのフレームは、それぞれの顔型に最も似合う型があるので、まずは自分はどの顔型なのかをしっかりと把握しておきましょう。また、メガネと眉の位置関係も大切な点で、メガネのトップラインが眉の下側に沿い、僅かに接するものを選ぶようにしましょう。顔型別に似合うメガネフレームは、卵型はどのタイプのフレームでもそれなりにおしゃれに似合うので自分の好みのものを選ぶといいでしょう。丸顔は、丸みが強調されないように長方形のフレームをかけると丸みが緩和され、おしゃれ度がアップします。ベース顔は、スクエアのフレームのメガネをかけると顔の角がとれ、優しい印象を作ることができます。面長は、ボストンやウェリントンなどの縦に長いフレームで顔を短く見せると若く見えます。逆三角顔は、フレームの上側が広く下側が狭いフレームを選ぶとより小顔になれます。四角顔は、ラウンドのフレームで優しさを出し女性らしい魅力を演出しましょう。ひし形顔は、下側が協調されたフレームをつけることで顔のバランスがよくなります。このように、メガネのフレームでおしゃれをするコツは、顔の欠点を補うようなフレームデザインを選ぶことから始まります。